美髪になれる椿オイル櫛(つげ櫛)を自宅で簡単に作れます。

ホーム / 美容 / 美髪になれる椿オイル櫛(つげ櫛)を自宅で簡単に作れます。
mari
mari
Ever美!管理者の「マリ」です。
さて、本日は美髪になれる「つげ櫛」が自宅で簡単に作れる方法をお伝えします。

皆さん、髪のパサツキ、乾燥、傷みは気になっていませんか?

ある市場調査でも「髪のパサツキ」、「髪の乾燥」、「髪の傷み」などが上位を占めております。ほほ、コンディションに関する悩みですね!

その他にも、切れ毛、枝毛、ボリューム、薄毛などに関する悩みも多く挙げられています。

そこで、今回私が昔から使っている、椿オイル櫛(つげ櫛)の作り方を教えたいと思います。本当に簡単に作れるので、是非お試しください。

 

用意するもの

・櫛(くし)
百均(100円ショップ)で売っているつげ櫛の元となる櫛を購入。

・歯ブラシ
使い捨ての歯ブラシでも、使い終わった歯ブラシでもOK

・ヤスリ
表面のニスを剥がすために使います。目が粗すぎるとキズが深くなってしまうため気をつけましょう!

・ジップロック
櫛を漬けるために使用します。

・キッチンペーパー
櫛を漬けたオイルを拭き取るために使用します。

・椿油(オイル)

 

椿オイル櫛(つげ櫛)の作り方

作り方①

まずはじめに、百均で購入してきた櫛をヤスリを使ってニスをキレイに落としていきます。この時、表面だけではなく、歯の間も1本1本全てヤスリがけしてください。
この作業を怠ってしまうと、オイルの染み込みが悪くなります。

 

作り方②

ヤスリがけが終わりましたら、削ったニスの粉が櫛に付いているので歯ブラシを使ってキレイにしてください。

 

作り方③

ニスの粉が付いていないことが確認できたら、椿オイルをジップロックに入れてください。ジップロックがない方は使い捨てのビニール袋、またはラップを用意してください。

ラップの場合は、ラップの上に櫛を載せて直接櫛にオイルをたっぷり垂らしてください。

1週間ほど漬けて完成です。

 

もし、効果がなくなってきた場合、再度漬け込めば何度でも使用できます。
他のオイルを試したい場合は、また櫛を購入してきて、違うオイルで試してみてください。

 

因みにつげ櫛を楽天などで購入する場合、安いものでも2,000円くらいかかります。

少し手間がかかりますが、百均で揃えられるのでコスパはかなり良いと思います。